2011年11月13日日曜日

自分を特別な人間だと思い込むのに疲れた

今回のエピグラフ

「たしかに芸術とはけっこうなものかもしれないさ。しかし、それは作る当人にとってのこと。見せられる側、義理や友情でいやおうなしに鑑賞させられる方にとって、こんな苦痛なことはない」星新一余暇の芸術】)

姿勢が悪いから、このまま身体が歪曲して、伊藤潤二の【うずまき】みたいにネジ曲がって死んでしまうかもしれない。
それくらい僕は【猫背】で音楽を聴いている際に首でリズムがとれない。
あのニワトリみたいに首を振るやつだ。でも、このあいだ、首を前に出して振るんじゃなくて、後ろに戻すって意識でやってみたらできた。つまり、スタート地点だと思ってた場所がゴールだったわけだ。こういう発見があるから僕は生きていられるのだと思う。

あと、今日は駅の構内にある消火器が入っているガラスケースみたいなやつの内側に虫がいた。どうやって中に入っただろう?と僕は考えていたのだけど、おそらくその考えは根底から間違っている。元々から内側に生まれ、内側でしか生きられない、【内側虫】という種類の虫かもしれないからだ。この世のすべての内側には【内側虫】が生息している可能性がある。つまり、不可侵だと思ってた場所が非不可侵だったわけだ。こういう発見があるから僕は生きていられる。

僕は【MC BATTLE】という俗物が大好きで、趣味の大半をこれに費やした時期もあった。初めて観た時に『世の中にはこんなにおもしれーもんがあるのか!』と本気で思ったものである。
そしては本日は【ULTIMATE MC BATTLE】の予選大会の最高峰と呼ばれている【UMB東京予選】というやつである。それに僕は行かなかった(出場という意味でも、観戦という意味でも)
なんか疲れてしまった。
ひきこもりたい。
あんまり人に会いたくない。
そんな感じだ。
自分を特別な人間だと思い込むのに疲れた。

感動したいのさ

Erik Mongrain 【AirTap!】

2011年11月5日土曜日

あぁ生きてるっていい事ばかりじゃきっと味気ないよね

今回のエピグラフ
街中がみんな他人に見えても仲間達に会えるよSPEEDwake me up!』)

後ろ向きに人を幸せにするために僕は【文章】を書く。
“人を幸せをする”というのは最高に自意識過剰で自己中心的な考え方ではあるけど、僕はまずそんなおこがましさの中で気分が悪くなってから、そんな僕の気分が最高に悪くなった事で何処かの誰かが最高に幸せな気分になればそれが本望だと感じている。
だから、残念な事ではあるけど、【僕】と【君】は必ず同時に幸福感を得られない。その分だけ幸福感が嘘くさい事を僕は祈っている。(ただ祈るだけだ)

【担任の先生】というと、そのほとんどが前向きな励ましを連呼したり【頑張ろう病】の発症を促したりするイメージが黒板に書いてある。実際、過去に、幸運にも僕の【担任の先生】を担った人たちはだいたいがそうだった。(“幸運にも”と強調したのは単に僕自身があんまり手のかからない生徒であった事を自負しているためだ)
中学の二年生から卒業まで【担任の先生】をしてくれたT先生の話をしたいと思う。
この先生は美術の先生でありながら、割とリアリストで、妙にネガティブな所に好感が持てた。
教室の黒板の上には二年間変わらずに大きくこんな言葉が書いてあった。

【人生我慢】

ほとんど毎日T先生はこの言葉を口にした。
『人生は楽しいもんじゃない、辛い事の方が多い。だから絶対に我慢しなきゃいけない』って。
まだ中学生で世の中の事がまるでわからなくて、理想ばっかり頭に浮かんで、未来ってやつはたぶん暗くはないだろうなーって思ってた僕は、いやー我慢したくないなーといつも考えていた。なるべく我慢しなくても生きていけるように生きよう。なんて考えていた。

二十代半ばにして最近、【人生我慢】って言葉がやたら頭に浮かぶ。
『先生、そういう意味だったんだね』
と凄く思う。
過去に色んな人から色んな言葉をいただいて生きてきたけど、【人生我慢】が一番、自分に刷り込まれてると思った。
僕がなんとなくネガティブなのはT先生の影響なのかもしれない。

また今日も『街中がみんな他人に見えても仲間達に会えるよ』っていう言葉の持つソーシャル感を我慢しなきゃいけない。