2012年2月23日木曜日

【来世】と【乖離性同一性障害】

例えば、【乖離性同一性障害】の症状の際に現れる別人格が【来世】の自分だとしたら、なんていう事を僕は考えた(というのは嘘で、紆余曲折の諸事情を経てランダムに選ばれた上記の名詞二つから、連想し発想し発狂しながら【文章】を書く事になったため、とりあえずながらでもでっち上げの前口上を無理矢理触れ込んだためにこのような切り口になった)
当の僕は【乖離性同一性障害】ではないから知ったような事は一言も言えないけど、自分じゃない人間に入り込んで行動した経験のある人はたくさんいる筈だ。鏡を見たら『あれ、自分じゃないな』くらいの感じ。別に自分が自分だって決められているわけじゃないから、そんな事を重要視すべきじゃないのだけど、固定されていない方の自分ってのはもしかしたら【前世】の自分なんじゃないかと思う事がある。つまり、【前世】というのは必ずや【乖離性同一性障害】に当てはまるという事になる。その時の僕はもちろん偽物扱いだし、質問された事には丁寧に答えるようにしている。ただ、僕のこの仮説を前回の世界の人たちに伝えるのは【ヤバい】んじゃないかとついつい勘ぐってしまうと、当たり障りのない、それこそ典型的な【別人格】みたいな事しか言えなくなる。
【来世】の僕が僕に降りてきた経験はない。多分。いや、あり得ない。
僕はそんな風に考えて生きてきたが、冷静に考えたら辻褄が合わない。
僕は【ラッパー】で、人前で【ラップ】をする事がまあまああるため、自分の曲を持っているわけだけど、なんていうか【ラップ】する【言葉】【リリック】を用意した記憶がない。(とか言っておけば話がSF的に傾いて何もかもを誤魔化していけるかもしれないけど、やめよう。やめよう。これは僕と僕の自意識の話であり、【来世】と【解離性同一性障害】を一緒くたにした人の不幸をなるべく喜ばない散文なのだ)
僕の予想だが、僕の【来世】は【サブカル女子ラッパー】だ。というか生まれ変わったらそういう人生にすると決めている。そういう風に決めているからこそ【来世】が【現世】の僕に降ってくる事にあるかもしれない。実際にそうなった記憶は無いけど、周りの人間が『ねえねえ、アンタ、さっき【来世】が降ってきてたよ、大事な話が台無しになったじゃないの。勘弁してよ』と言ってきた経験は無いためおそらく大丈夫。(という具合に【文章】を書いている僕が僕じゃなくても別にいいだろって思いませんか?誰かに代わりに書いてもらっててもいいと思いませんか?ゴーストなんたらを活用してもいいと思いませんか?つまり、何を言いたいか、【リリック】なんて自分で書かなくてもいいじゃないですか、僕(仮)はトラックメイカーになる気は全くないが、【リリックメイカー】にはすごくすごくなりたいと思っている。だから、お願いしたいのです。声を大にしてお願いをしたいのです。『あなたの【来世】にならせてください!』 )