2013年2月26日火曜日

同じ爪切りで切っていた

ファミレスの厨房でバイトしていた時から思っていた事がある。食材が毎日決まった時間に配送されてくるのを、冷蔵庫と冷凍庫の定位置に入れて、発注通りの数が届いたかどうかを検品した後に、明日の分を計算して発注するという簡単な作業だ。
新しい食材を入れる時に僕は思う。必ず古い食材を手前に持ってきて順番通りに使えるように並べ替えるのが、なんでなのかわからないが死ぬほど面倒臭い。従順に考えれば当たり前の事だし、というかとても理に叶ってる。期限が近いものから消費した方がいい。奥にあったものを手前にわざわざ持ってきて、新しいものを奥に入れる。この簡単な行程が面倒臭すぎて、投げ出したくなる。過去に投げ出した事もある。冷蔵ものはさすがに順番通りに使えるように並べ替えたけど、冷凍ものは別に大丈夫だろって適当に。
思い出すだけで面倒臭い。
こういうのが、苦手。こういうの、って、他にどういう例があるのかうまく説明できないけど、本当に性に合わない。
たぶんだけど、ここにこだわれる人は仕事ができる人だと思う。仕事ができるというよりは信用されると言った方がいいかもしれない。
通ってた高校が進学校じゃなかったから定期テストが勉強すれば、いや、出題範囲を暗記すれば、化学だろうと数学だろうと応用をきかせないで満点が取れるような、そんな難易度だったのだけど、僕は最後まで100点が取れなかった。とりあえず、覚えるだけ覚えて最後まで詰めない。99点ばっかりの時もあった。
なんかもう面倒臭い。そこまで詰めなくてもいいでしょ?って気持ちがあるのだろう。完璧を目指すのが辛い。
あらゆるマイナス要素を想定して、柔軟に対応できるように管理できている人を尊敬する。
僕はそういう意味ですごくポジティブな人間だ。そこまでしなくてもいいでしょ?っていう根拠のない楽観。
本当に面倒臭い。

ブログを更新する時に誤字脱字を確認したり添削するのをやめた。
別にそのままで、いいんじゃないかなって読み返さなくなった。読み返すという作業が嫌だからだ。
詰めていく事が好きで、いくらでも時間をかけてこだわれる人が羨ましい。
詰めが甘いなら切ってしまえばいいのか。夜に。