2013年8月2日金曜日

ハイジャックを成功させるために

ハイジャックを成功させる。
そういう目標がある君にアドバイスをしたい。

ハイジャックしたところで君に得があるのか。
君は損得でハイジャックをするつもりはないのか。
そもそもハイジャックの成功とはつまりどういう結末の事を言うのか。
そういう疑問を踏まえながら君は君のハイジャックを成功させないといけない。
だって、それが目標なんでしょ?

ハイジャックの入門書なんて書店には置いていない(自殺や拷問のマニュアルは目立つ場所に置いてあるくせに)
だからハイジャックについて君は自分で考えて自分で試行錯誤しないといけないわけだ。

僕はさながら君のハイジャックの成功を祈っている。
だから、少しでも成功に近づけるようにお節介を高熱のオーブンを入れたままで指南したいと思っている。

ハイジャックを成功させるなんて簡単だ。
すごく簡単な方法だ。
こんな簡単な方法はない。

過去のハイジャッカー達がなぜ失敗してきたのか考えてみてほしい。

それは失敗だと思われていただけであって、当人は失敗だと思っていないかもしれないからだ。
つまり、あらかじめハイジャック宣言をする必要があるのだ。
成功条件を宣言する。
例えば大統領の乗っている飛行機をハイジャックしたとする。
身代金を手に入れる事が成功ではなく、飛行機ともども不時着して心中するのが成功だと最初に宣言していたら、その結末は違って見えるだろう。

というわけで君は君の考えた君なりのハイジャックを宣言し、それを成功させればいいのだ。

ハイジャックではないが僕も最近、一つのジャックに成功した。
レーベルジャックである。

術ノ穴というレーベルを乗っ取り、CDの発売までこぎつけた。

「そんなの後出しジャンケンじゃないか」と君は後から言ってくるかもしれない。
勘違いしないで欲しい。

僕はすでに三年も前から、レーベルジャックを宣言している。
フラグを立てている。

これがその証拠だ。


この動画の1分5秒あたりを聴いてほしい。
確かに宣言をしている。
僕のレーベルジャックの成功はCDを出す事である。

「宣言」という文字をよく見てほしい。
僕がこういう風に「言」う事によってそれが君に「伝」わる。
それを世の中では「宣伝」と呼ぶ。

君は君のハイジャックを成功させた上できっちり「宣伝」してくれ。
僕から偉そうに言えるのはそれだけだ。

おっと、オーブンに入れておいた僕のお節介が焦げてしまったようだ。

【CM①】 9/13発売 DOTAMA×ハハノシキュウ『13月』

【ハハノシキュウライブ情報】
8月11日(日)「バドゥエリカ企画」@かぼちゃ屋 ※ハハノシキュウで出演
8月18日(日)「NEW FAME vol.1」@渋谷Family ※DOTAMA×ハハノシキュウで出演
8月26日(月)「たまちゃん企画」@新宿BE-WAVE ※DOTAMA×ハハノシキュウで出演
9月16日(祝月)「怪人図鑑」@AMPcafe(高円寺) ※ハハノシキュウ+DJ MEMAIで出演
9月29日(日)「てあしくちびる企画」@あすなろ(高崎) ※ハハノシキュウで出演

詳細は近くなったらまた宣伝します。