2014年11月30日日曜日

シャゲキ

君の人生に影響を与える文章を書かないといけない。
君の人生を百八十度変えてしまうそんな文章を書かないといけない。

最近、前髪が異常に邪魔でパソコンの画面に向かっても暖簾みたいにそれが視界を遮って僕の集中力を欠く。そんな、長過ぎる前髪の存在を我慢しながらも僕は少年時代を思い返して随筆を書いている。
『シャゲキ』と呼ばれてる不審者がいた。
なんで『シャゲキ』なのかは誰も知らないけど、そいつが『シャゲキ』だって事はみんな知っていた。
僕だって知っていた。
当時、小学生だった僕は同級生と県営団地の棟と棟の間にある公園で遊ぶ事が多かった。
だいたい夕方くらいになると『シャゲキ』はそこに現れた。
シャゲキな不清潔に伸びたボサボサの髪の毛とガリガリの身体が印象的で、決まって絶対に一人きりだった。
今になって、改めて思い返してみると彼が何歳くらいなのかまるで断定できない。中学生にも見えなくないし、二十代の若者にも見えなくない。
小学生から見た中学生なんて得体が知れなすぎて正確な物差しで測れないし、それが高校生、大学生ともなると筆箱に入ってる定規で建築物の大きさを測るように、リアリティがない。
だから、小学生だった僕には『シャゲキ』が本当に得体の知れない化物のように感じた。
同級生たちは『シャゲキ』が現れると「こっちに来んな」と必死に石を投げた。何も石を投げなくてもいいじゃないかと思ったけど僕は何も言わなかったし、僕だって石を投げた。
『シャゲキ』という存在は確かに僕の小学生時代に断片を残している。だけど、記憶というのは適当なもので結局『シャゲキ』が一人きりで何をしていたのかとか、どうして僕ら小学生に忌み嫌われていたのかとか、まるで思い出せないのだ。
そんな『シャゲキ』について一つだけはっきりと覚えている事がある。
それは『シャゲキ』の顔だ。
ある日、『シャゲキ』はいつもと少し違った印象を持って現れた。
前髪を女子が使うようなピンで留めていたのだ。
その時、僕らは初めて『シャゲキ』の顔をまじまじと見たのだった。
「きもちわりー!」
『シャゲキ』の顔は何処となく僕に似ていた。
血色の悪さや細い目、笑う時に変に引きつる感じ(『シャゲキ』が笑ったところを見たわけではないけど、なんとなくわかる)がそっくりだった。
それ以来、同級生たちは僕の事を『シャゲキ』と言ってバカにした。
思い返すと他人から弄られるという事を知ったのはこれが人生で最初だったと思う。僕は単純に嫌な気分だった。
元から気の弱い部類だった僕は『シャゲキ』と言われる事を強く拒否できず、あーうるせぇなって毒素を貯め続ける羽目になる。
中学一年の五月くらいまでその毒素は溜まっていったけど、これはまた別の話なので割愛。
イジメられたなんて声を大にするような感じでもないが、自分のアダ名が気に入らないというこの嫌悪感は小さい声で言えばイジメだったのかもしれない。(時々、『シャゲキ』と言われてからかわれるだけで、別にそれ以上はなかったけど)
ただ、その出来事が僕に後天的な卑屈さを与えたんじゃないか?と過去のせいにしたくなる気持ちも多少はある。

タイムマシンが完成したら真っ先にその時代に行って、僕が『シャゲキ』と呼ばれる前にその同級生たちをボコボコにしようと思う。

それにしても前髪が邪魔でしょうがない。

2014年11月24日月曜日

人間として始まってる

君の人生に影響を与える文章を書かないといけない。
君の人生を百八十度変えてしまうそんな文章を書かないといけない。

『人間として始まってる』というフレーズを改めてこのブログのタイトルに冠したのには理由がたくさんあるけど、あんまり面白い話でもないから今は言わないでおく。
ただ、いずれ話す時が来るだろうし、これはその時までの伏線みたいなものと受け取ってもらえてればいいと思っている。

僕は今、便秘に悩まされていて、意を決してイチジクカンチョーをドラックストアで二個入り180円のやつを買ってきて、それを一本分丸々アスホールに流し込んだ所だ。(強烈な便意を3〜10分我慢してからトイレに行けと説明書に書いてある)
そんな状態で僕は文章を書いている。
僕は自分の話をするのが正直なところ嫌いじゃない。だけど、僕は自分の話をブログをやってるくせにあんまり書かないできた。それには理由があって、自分のプライベートを隠して謎っぽい感じを出したいだとか、ヒーローが仮面で顔を隠すようなシークレット感を演出したいだとか、そういう類ではなくて、ただ単純に僕の日常がそんなに面白くないだけなのです。
良く言えば平和で、悪く言えば地味で、普通に言えば普通。
人の人生に影響を与える文章を書こうとしてる割には実体験ってやつがあまりにも弱いのである。
どんだけ実生活がつまらなくても、そこから面白さを見つけて書いていくのが随筆家の腕なのだけど、どうもそういう才能は僕には無いらしく、中島らもみたいなエキセントリックな日々を綴るのは難儀だというが最近になってわかってきたのであります。更新頻度のだらしなさがその証拠だ。
みうらじゅんの言葉を借りると、ブログを書くには『不幸な事に不幸な事がなかった』とでも言うべきか。
じゃあ、僕の少年時代の話でもしようかなんて思い巡らせると、やっぱり面白くない。
そこそこ面白かったから面白くない。と言った方が正しいかもしれない。というか、他の人がどう思ってるかは知らないけど、僕は自分がすごく普通の人間だと思っていて、これまで送ってきた生活も割と普通だから面白く文章にして、君の人生を百八十度変えるのは非常に難しい事だと感じています。
そんな僕の人生の中から、僕は何をどう選んで、どう文章にしようかと悩むわけであります。こういう場合、僕は高確率で創造の世界に逃げます。虚構の方が笑っちゃうくらい話が進む。だから、僕の話は大半が嘘だと思ってもらっていいはずです。
なるべくリアリティーを壊さないようにして、書く。
例えば、僕はカクニケンスケというラッパーに歌詞を提供しているのですが、『風船を割りたくないなら』という曲の歌詞が妙にリアリティーがあるんですよ。
なんとなく付き合った彼女と同棲したら、同棲が全然心身に合わなくて嫌になるっていう歌なんですけど、これは創造と見せかけて、実話なんです。普通の僕が普通の過去から厳選した数少ないリアリティーです。
こういうのを虚言に混ぜていって、茶を濁していこうという趣です。
逆に虚言に現実を混ぜていく場合の方が多いけど。
例えばMCバトルとか。
本当は最近出たMCバトルについて、なんやかんや言う方が需要に対して素直なのかもしれない。そんな事は知ってるし、小説家が書く小説の書き方や、漫画家が描く漫画の描き方ってのは十人十色だからこそ面白いし、その作家の事を知らなくても興味を持てる。
僕はMCバトルが弱い。だから勝ち方なんて人に伝授できる器ではないし、バトルの勝ち方を知ってしまった初心者の君はテンポがいいだけでネタのつまらない漫才師を目指す事になるだろう。そんな事は僕だって君だって、君の友達だって望んじゃいない。
よし、だからこそ、これから僕はとっておきの『人間として始まってるMCバトル入門』を君に教えてよう。

そう思ったが僕はトイレに行かなくちゃいけない。
はっきり言ってすでに限界を超えている。
漏らしちまったら君のせいだ。



2014年8月30日土曜日

性格悪いの治したい

「人」って漢字が苦手だ。
左右対称じゃない不平等を支え合ってるだなんて綺麗ごとで説きやがって。
どっちかが楽をしてどっちかが苦労してるってことでしょう。
っていう節の話をしようと思って携帯電話のテキストに文章を打っているのだけど、この携帯電話の「人」って漢字のフォントは限りなく左右対称に近くて、天に唾を吐くようなもどかしい気分に苛まれたりする。
二十代ってのが永遠だと勘違いしていた頃から半ばを過ぎて、二十代なら誰でも考えるだろうって事を世界で唯一自分しか悟ってない思想だと独善的に話す。
とっくに大学生なんかじゃないわけだから余計タチが悪い。

なんとなくツイッターで「ラップの練習なんてしないで、ひたすら街中ですれ違った人にアダ名を付けていく練習をしよう。」って呟いたら、知らない人から「アダ名付け男」ってリプライがきたから、「メタ視点クソ野郎」って返信しようかなって悩んだ。最終的には無視した。理由はツイッターでそういうのをやると、言い得て妙だけど「メタ視点クソ野郎」が偏在してキリがない状態になるし、何と言っても安っぽくなる。まあ、僕みたいな凡人の一言なんて元から無料だけど、その無料からさらに安っぽくなる。
早い話、僕はネットに向いてない。
話す前に「これは冗談です」とか「これは本音です」とか「これは建前です」とかいちいち前置きしないといけないくらいに向いてない。まあ、これは冗談だけど。
テレビで上手く喋れない能年玲奈の気持ちもわかるようなわからないような。
ベラベラ喋ったら後から後悔するのが目に見えてる感じ。

「人」って感じが苦手だ。

2014年8月24日日曜日

どうでもいい人のどうでもいい話はどうでもいいですよ

どうでもよくない事をどうでもいい人が言ってると疲れる。
どうでもよくない事をどうでもよくない人が言ってるとちゃんと聞かないといけない。
どうでもいい事をどうでもよくない人が言ってると僕も合わせてどうでもいい事を言う必要が出てくる。
どうでもいい事をどうでもいい人が言ってるのが一番楽だ。

聞いていてもう清々しい気分になる。
つまらない現実を緩和してくれる。つまり、娯楽だ。
授業中に先生が試験と全然関係ない事を言ってるみたいな脳味噌の余裕。
その先生がどうでもいい人だったら尚更。

これから僕はどうでもいい話をする。
実際には僕から見てどうでもいい人がしていたどうでもいい話なんだけど、この文章を読んでいる人にとって、僕という人間がどうでもよければ、尚更いい。
どうでもいい話に時間を割いている暇なんかねぇよって思ってる人はこんなの読んでないで、さっさとやるべき事を正義だと信じてやってください。

ビッグマックセットが五百円だという貼り紙を見つけて、僕はマクドナルドに入った。
僕はコカコーラを飲みながら食べるビッグマックがとても好きなのだ。
煙草を辞めた事すら忘れるくらい自然に僕は禁煙スペースにトレイを持って行く。
ちなみにここまで出てきたビッグマック、コカコーラ、禁煙というワードは全てこの話に関係なくてどうでもいいという事をあえて強調しておく。
僕が座った窓際の席と対角線上には、七、八人の大学生男女グループが駄弁っていた。
おそらくこの時点で『どうでもいい感』が一気に増したと思う。
似合ってない金髪のやつとか、どんな服装だったかすら思い出せない女とか、とにかく想像にまかせても心配ないくらい頭に浮かびやすいそういうグループ。
コカコーラとビッグマックとポテトを楽しみながらも彼らの会話は否おうなく耳に入ってくる。
ちなみに誤解を招きたくないから先に言っておくが、僕はいわゆる『普通の大学生』ってやつを心から尊敬している。彼らのような人間と付き合うと絶対に落としたであろう単位も、魔法のように取れてしまうのだ。僕には奇跡的に学生時代そういう友人ができた。それがなかったら絶対に卒業できてないと言い切れる。コミュニケーションは立派な能力である。
話が逸れてしまったが、そんな尊敬すべき大学生の中には、決まって鍋奉行みたいなやつがいる。
大人数が介する時、島田紳助のように喋るやつだ。
「スフィンクスのなぞなぞって知ってる?」
唐突にそんな事を言い出す。
「えっ?知らない?なにそれー?」
こういう相槌を打てる女が必ず一人はいるものだ。
「朝は四本、昼は二本、夜は三本、これなんだ?ってやつなんだけど知ってる?」
僕は思わず「人間!」と声に出して言ってしまったが、どうやら聞こえてなかったみたいで安心した。
まあ、ジョジョの奇妙な冒険を読んだ事があれば大体の人が知ってるなぞなぞだ。
「えー?全然わかんないんだけど、何それ」
答えを知ってるのか知らないのか、他の雛壇男子は黙ったままである。
「ヒントは?」
「ヒント必要か?そんな難しくないし、誰でも知ってるやつだよ、答えは」
そう、誰でも知ってるやつ!
そういうやり取りだけで、結構な時間が経ってたと思う。食べてたポテトのMサイズがなくなったんだから間違いない。
「んとね、朝は、産まれた時、これ以上のヒントは出せないな」
「えー?わかんない」
もし、野球っていうスポーツがボールじゃなくて、相槌を打つスポーツなら、この女はイチローより打率が高いんじゃないかと思っていたが、単に何も考えてないだけなのかもしれない。
「もう、これわかんなかったら、額に『淫乱』って書こうぜ」
島田紳助がまた唐突な事を言い出す。しかも、付け加えてこんな事まで口に出す始末。
「じゃあ、お前とお前でさ、『淫』と『乱』って分けて書こう!」
「えーやだよー」
僕は怖くてそのグループの姿を見れなかったけど、愛想笑いすら聴こえてこなかったのは覚えてる。
もうこのイチロー並の打率を誇る相槌スラッガーにこの回の裏はまかされたと言っていいくらいだ。
この後、島田紳介はほとんど答えを言ってるのと等しいようなヒントを出し続けていた。
ただね、はっきり言ってどうでもいい。
どうでもいいから僕は帰った。
ビッグマックを食い終わってコカコーラを飲み干したんだ。ここにずっといる必要は全くない。
だから帰った。
予想だけど、なぞなぞの答えなんて誰も気にしてないから、適当になあなあに有耶無耶になったんじゃないかなって思う。
そして、誰一人としてその島田紳助の悪口を言わないだろう。
まあ、どうでもいいんだけど。

そういや、どうでもいいんだけど、この間、燃えるゴミの回収に出すための家庭ゴミを持ったまま駅まで来てしまった。
そういや、どうでもいいんだけど、この間、妻に帰宅するってメールしたつもりになってたらTSUTAYAのクーポンにメール返してた。

ほんと、どうでもいい話って素晴らしい!


そういや、どうでもよくないんだけど、マクドナルドって今、全席禁煙だった。

2014年6月7日土曜日

「続・続かない唄」

毎日が裏蓮華である。いつもクタクタ。

また今日も考え過ぎる。
SIMI LABの「Avengers」って曲の2バース目、USOWAの歌い出し
「I'm a 盲目のスナイパー」
がどうしても
「I'm a ももクロスナイパー」
に聴こえてしまって考え込んだり。

ゆるめるモ!の10分にも及ぶ名曲「sweet escape」
この曲の歌詞は
「〜したい」
「〜できない」
「〜しない」
という法則の三段活用で構成されている。
例えば
「挑みたい」
「挑めない」
「挑まない」
という具合に。
ところが、この歌にはタイトルにもあるエスケープ、すなわち「逃げたい」が登場しない。

法則に当てはめると
「逃げたい」
「逃げれない」
「逃げない」

「sweet escape」は逃げたい時は逃げてもいいという曲だと僕は思ってる。
(同じEPに「逃げろ!」という曲も収録されているし)

基本的に三行目が後ろ向きな表現になってしまう構成の歌詞で(例外として「終わらない」「なくさない」等があるけど)
あえて歌詞にしていない事で「逃げない」という前向きさを声に出さずとも歌ってるんじゃないかなと勝手に考えてしまってる。

専ら他人の革命待ちで一番弱いカードを大事にとっておいてるだけの僕ですが、たまには自分の話もしておこうと思います。

一応、これでもラッパーなので作品を作っているんですが、心配事があるのです。
3年前、術ノ穴のコンピ用に「自殺」の曲を録り下ろしたところ、同時期に上原美優の「自殺」が大きく話題になりました。
去年、DOTAMAと「13月」というbloodthirsty butchersの名盤「kocorono」に僕個人が影響を受けて意識しまくっていたカレンダーアルバムを制作中の頃。
ボーカル吉田秀樹が急逝してしまいました。

物事は考え過ぎれば勝手に繋がったりするし、これは上記の上記の歌詞の解釈みたいに、こじ付けたような話なんですが、さすがに「デスラッパー」と呼ばれるのは避けたい。

勘繰り過ぎなだけ。

さて、過去の自分の話はここまで。
現在の僕の話。
つまりは作品の制作進捗ですが、制作そのものよりも制作の準備の方を非常に大事にしているため、まあおそらく来年になるんじゃないかなと長い目で目測しています。
一応、ソロ名義で二枚目にして初のフルアルバムの予定ではあります。
僕は自分でリリックを書くスピードがかなり速い方だと思っているのですが、この制作中のアルバムに関してその自慢は全く役に立ちません。
前に出したミニアルバム「リップクリームを絶対になくさない方法」はとりあえず感覚にまかせて特に音楽的な事は考えないで、自分の中にある衝動(じつに安っぽい言葉だけど)だけで作ってみた作品。
当たり前だけどそれと同じ事をしても進歩がないし、ライトノベル的な生産性を重視した創作は僕に求められていないと察しつつ、どうせやるならフラットな感覚にプラスできる要素を備えたいと思っています。
人生で初めてコツコツと努力的なやつを続けてます。
続けるっていうのがすごく苦手で駄目になりそうですが、ここに書くという事で自分を追い詰めつつ、なんとか三日坊主を三年ロン毛にしてやりたいものです。
「続・続かない唄」っていうタイトルで絶対に自分では歌えないような前向きな歌詞を書いてみたりして。

別にこれは予告でもなんでもなくて、ただの心配事。
この制作中に歌詞や内容に関係のある何かが死んだりしないように願いたい。








2014年5月31日土曜日

お疲れスターパンダ

「考え過ぎは良くない」
そんなくだらん俗説にピリオドを打つような出来事があった。
答えの無い事でも考えに考え抜けば答えが出る。
そう実感した。
初めて自転車の補助輪を外した時みたいに爽快な気分だ。

何週間か前、僕は終電車を間違えた。
一滴も酒を飲んでない状態で見事に間違えた。
やべえ、間違えた!とサンタクロースぐらいあわてて下車した所は北府中という童貞駅(初めて降りた駅)
まあ、大都市大都会東京だ。東京となれば深夜でもなんとでもなるさ。なんてうつつ抜かしていたら、目の前にはTOSHIBAの本社がでっかく鎮座していて、それ以外に何にもない。
餅屋に餅しかねぇ!みたいな精神状態でとりあえず練り歩く。
将棋の最中に飛車をとられたような悲哀と闘いながらなんとかコンビニを一軒見つけたがやはり何もない。
なんかちょうどタクシーが走ってきたから手をあげてみたら止まってくれた。
なのでとりあえず、自宅の方向までお願いした。
なんか遠いなーって思ってたらタクシーのメーターがすでに五千円を超えていて、しかも家までまだまだ距離がある。
そこでシダックスが見えたからなんとなく降りてしまった。
後から考えてみれば、カラオケに泊まる金と残りの距離のタクシー代、あんまり変わらないんじゃないかという説もある。
とりあえずシダックスに入って適当に歌謡曲を歌って、なんかつまんねーなと思って二時間くらい寝た。
隣の部屋から般若の『やっちゃった』が聴こえてきて目が覚めた。(幸い、靴下を履いたまま裸ではなかった)
始発を待つために東村山駅まで歩く。近い。

目下、朝方まで飲んでいたと推測できるテニスかなんかのサークルの大学生が歩いてきた。
みんなジャージ姿でラケットバックを背負っていた。
眼鏡の奴がどうやら電車に乗らず歩いて帰るみたいで、他の連中に別れを告げていた。
「お疲れスターパンダ!」
「お疲れスターパンダ!」
彼らの中で通例の挨拶なのだろうが、終電車を間違えて朝帰りになってしまった僕にはえらく染みた。
かさぶたを剥いで塩を振りかけるみたいに染みた。

それから数週間、僕は「お疲れスターパンダ」について、仕事中も入浴中も明晰夢を見ている間もずっと考え込んでいた。
「お疲れスターパンダ」とはいったいなんだったのか。

こういう時に何か明確なきっかけ、金田一少年が犯人に確信を持てるようなきっかけがあればいいんだろうけど、答えは前触れなく突然降ってきた。
「お疲れスターパンダ」がバラバラに散らばって、あれよという間に再構築されたのだ。

「あー、そっか。お疲レッサーパンダって言ってたんだ」

思わず独り言を漏らす程の衝撃だった。