2014年8月30日土曜日

性格悪いの治したい

「人」って漢字が苦手だ。
左右対称じゃない不平等を支え合ってるだなんて綺麗ごとで説きやがって。
どっちかが楽をしてどっちかが苦労してるってことでしょう。
っていう節の話をしようと思って携帯電話のテキストに文章を打っているのだけど、この携帯電話の「人」って漢字のフォントは限りなく左右対称に近くて、天に唾を吐くようなもどかしい気分に苛まれたりする。
二十代ってのが永遠だと勘違いしていた頃から半ばを過ぎて、二十代なら誰でも考えるだろうって事を世界で唯一自分しか悟ってない思想だと独善的に話す。
とっくに大学生なんかじゃないわけだから余計タチが悪い。

なんとなくツイッターで「ラップの練習なんてしないで、ひたすら街中ですれ違った人にアダ名を付けていく練習をしよう。」って呟いたら、知らない人から「アダ名付け男」ってリプライがきたから、「メタ視点クソ野郎」って返信しようかなって悩んだ。最終的には無視した。理由はツイッターでそういうのをやると、言い得て妙だけど「メタ視点クソ野郎」が偏在してキリがない状態になるし、何と言っても安っぽくなる。まあ、僕みたいな凡人の一言なんて元から無料だけど、その無料からさらに安っぽくなる。
早い話、僕はネットに向いてない。
話す前に「これは冗談です」とか「これは本音です」とか「これは建前です」とかいちいち前置きしないといけないくらいに向いてない。まあ、これは冗談だけど。
テレビで上手く喋れない能年玲奈の気持ちもわかるようなわからないような。
ベラベラ喋ったら後から後悔するのが目に見えてる感じ。

「人」って感じが苦手だ。