2015年4月22日水曜日

虫食い問題

乗っていたエレベーターが止まってしまって、助けてもらえるまで暇潰しの文章を書いている。

僕は小学三年生の時に転校を経験しているのだが、転校する前の小学校が思い返せば変だったなって話でもしようと思う。
転校と言っても同じ市内で、具体的に名前を出せば西小学校から北小学校に転校しただけなので、会おうと思えば旧友に会えるような距離の転校だった。

小学校低学年という魔法のせいなのか、西小に居た頃の僕はとにかく虫を殺していた。
クラスの男子のほとんどが虫を殺していた。
バスケ部がレイアップシュートをするように殺していた。
バ◯タ、コオ◯ギ、ト◯ボ、テント◯ムシ、手当たり次第に殺していた。
◯澤君なんて、ト◯ボの羽を両端にして持ったまま真っ二つに引き裂いて口に入れたりしていた。

僕が転校した北小学校にはそんな事をする人間なんて一人もいなかった。
最初は、西小学校の友人に電話をしたり、僕の新居に招いたりしていたが、その内まるで音沙汰がなくなった。
僕も僕で音沙汰がなくなった事すら忘れて、北小学校で虫を殺す以外の遊び方をたくさん学んだ。

ちなみにこの頃、巷では『スラムダンク』が大流行していて誰もがバスケを始めたい症候群に巻き込まれていた。
北小学校にはバスケ部がなくて、サッカーに力を入れている学校だった。
逆に西小学校にはサッカー部がなくて、バスケ部があった。
小学四年生になって、僕も初めて部活動というものを体験するが、僕が選んだのはサッカーでもバスケでもなく卓球だった。
バスケをしたいなんて言ってる奴は大体がサッカー部に入った。
僕が虫を殺すのをやめて、サッカー部を皆殺しにしようとした話はまたの機会にしようと思う。

僕の家の目の前にはバスケをするためのゴールとコートが備え付けられた公園があって、いつ見てもバスケ少年たちで賑わっていた。
自分の部屋からその光景が見えるってのも考えもんだ。考えなかったけど。
その日は日曜日だったと思う。僕は眠かった。
ぼんやり公園のバスケットコートを二階の部屋から眺めていると、窓の下から何やら騒がしい声が聞こえる。
そこに居たのは◯澤君率いる、西小学校時代の友人だった。
玄関まで下りていくと、奴らは全員バスケットボールを自転車のカゴに入れていて、せっかく一階まで下りたのに僕は同じ目線になれなかった。
みんなバスケ部に入ったらしい。

公園の横にはこれから新しい住宅が建つ事を暗示した空き地がたくさんあり、僕は気を利かせたつもりで「そういや、ここにはたくさんのカ◯キリが出るんだぜ、殿様バ◯タだってたまにいる」と虫の話を振った。
すると、奴らは全員バツの悪そうな顔を浮かべていて、木◯君がこう言った。
「もう、俺らは虫を殺せないんだ」
「えっ?どうして?」
「バスケ部の顧問の先生に言われたんだ、虫を一匹でも殺したら強制退部だって」
どうやら僕が転校した後も飽き足らずに虫を殺しまくっていたらしく、学校で軽く問題になったみたいだった。
僕が提唱していた「虫を殺すのは小学校低学年特有の魔法だった説」は見事に却下された。
◯澤君はそれ以来、ト◯ボを口に入れていないらしい。
ア◯は酸っぱい!なんて言っていた頃の彼はもういない。
アマ◯エルの皮を剥いで「珍しい色のカ◯ルを見つけた!」なんて言っていた彼はもういない。

僕はとりあえず彼らに着いてバスケットコートまで行った。
やっぱ、バスケ部ってすげぇなって思った。
もう二度とバスケをしたくないって思うくらい動きのキレが違った。
まあ、卓球だったら僕が逆の立場にしてやれたけどな。
僕が西小学校の奴とまとも話をしたのはこれが最後だった。

のちに高校がたまたま◯澤君と一緒だったけど、彼とは一言も喋らなかった。
別に仲が悪いとかじゃなくて、クラスのある階が違っただけ。

よって、エレベーターは上る事もなく下る事もなく、目線は変わらずに止まったままなのだ。

2015年4月16日木曜日

一言目

我輩は猫である。名前はまだない。でも何でもいいけど、最初の一言目が浮かばないと声を出す事すらままならない。
文章を書く時でもラップをする時でも、一言目が苦手でしょうがない。
バトルやサイファーの時、先攻や一番手が上手くできない。
まあ、あと例えばだけど、カメラとか向けられて一人でしばらくフリースタイルをしなきゃいけない状況になった時、どうすりゃいいのか、未だにわからない。
お題やテーマがあったり、こういうのをやって欲しいなんてリクエストがある結構スムーズに脳味噌が働いてくれる。
でも、特に需要もない、または何が需要かもわからないまま一人きりで、しかもマジカルバナナ(死後)で言うところの「バナナ」が無い状態。
宇宙ができるビッグバンが起きる前。
どうすりゃ、宇宙が始まるのか未だにわからない。

一番いいのはそんな事をとやかく考えずにとにかく喋ってみる。
「カメラ?駄目だ、顔はNG、僕はMC〜」みたいな感じで始めるフリースタイル。
文字にしてみたらダサいので、やっぱり却下。
ラップの時は一言目ってそこまで大事じゃないけど、文章を書く時はオチより大事だから、余計にしんどい。
ラップと言ってもフリースタイルじゃなくて、曲の時だったら歌い出しはフックより大事だ。
僕の場合だとタイトルもそれと同じくらい大事。
この文章を書いている今もタイトルは無題の状態で、どうしよ、全部消そうかなって気持ちで書いている。
僕の名前が「山崎ナオコーラ」だったら迷わずに「人のセックスを笑うな」ってタイトルの文章を書くが、世の中そんな上手くいかない。
そもそも、何の話をしたくてこんな書き出しについての書き出しを枕にしたのかすら覚えていない。

一言目。
中学の時、一度も話した事のない女子に話しかけた一言目。

話しかけられなかった。

一言目。
生まれて初めてのレコーディング。初めて作品として世に出る曲の一言目。

「卵かけご飯をペットボトルに詰め込んで持ち歩いてる君はー」
(マジです)

一言目。
友人の結婚式で「ラップしてよー」と周りにドヤされ、ビデオレターを撮ってるカメラの前での一言目。

「(ラップしないで)あっ、おめでとうございます」

一言目。
中学の卒業文集だったかクラス文集だっか忘れたけどその一言目。

「百鬼夜行行列みたいな入学式から三年経ち〜」
(中二病全開過ぎて死にたい)

一言目は、君の人生を百八十度変えてしまうような書き出しにしないといけない。
結構、定期的にこのブログサイトで駄文をキックし続けるぞと意気込んではいたけど、この一言目が全然降ってこなくて、聾唖の如く押し黙ってしまったわけ。
携帯電話を携帯電話みたいに弄ってると全然、何も降ってこない。もちろん、歌詞すら書けない。
アポロはまるで月に着陸できないのである。
「はじめの一歩」の第一話のネームである。
ツイッターを始めたはいいが何も呟けずアイコンは卵のままである。
ジャンケンで負けて先攻で全く知らない奴が相手のエムシーバトルである。

フリースタイルの一言目って本当にみなさんどうしてるんですか?

自己紹介?スタイル
「イェー、僕がハハノシキュウ!女子か!ってまるでタカトシ風!」
いや、絶対ダメだな。

フリースタイルの一言目。
今日は何の日?スタイル
「イェー、今日は四月十六日、誰かの誕生日。四月十六日、誰かの命日!イェー!」
0点ですね。

フリースタイルの一言目。
手元にあるものから連想?スタイル
「イェー、これは折り畳み傘。これ畳み方。これが言葉の畳み掛け方、僕の身体はかなりなで肩」
なんつーか、ダサい。

やっぱ、誰かが言った言葉を拾うのが一番楽ですよね。
文章を書く時も誰かの言葉を拾えたらいいのに。

あと、世にはこういう締め方があるじゃないですか?
「最後に一言お願いします」
何を求めて言ってんのかまるでわからないただただ意地悪な質問である。

最後に一言?

まだ人間として始まってすらいないんで遠慮しときます。