2015年5月20日水曜日

5thホイール2ザ・コーチ

AM0:00

人生が夜の十二時から始まって翌日の十二時で終わるものだとしたら、僕の人生なんてまだ夜明け前です。

それにしても気持ちというやつは大事な大事な集中力を奪い、何かにつけて邪魔をしてくる。
例えば、『宮本から君へ』という漫画に「人は感動するために生きてる」という台詞がある。
気持ちが平穏な時の僕はこの漫画を読み、気持ちが揺さぶられ「人は感動するために生きてる」というフレーズを座右の銘にしたいくらい感銘を受ける。
ところが、気持ちが斜め下に傾いていたり、iPhoneで音楽をシャッフルで聴いている時になかなか一曲ずつ集中して聴けなくて、次曲にスキップばかりを押し続けて落ち着かない気持ちの中にいると。
「「人は感動するために生きてる」なんて言ってる奴を僕は軽蔑する」という独白が心に浮かんでくる。
本当に困った事に筋の通った人生哲学など絶対にあり得ないのだ。

珍しくどうしても妥協できない事があって、それをラブレターの返事を待つように口にしてしまったら、沈黙を守られてしまう時の感情のせいで、せっかくの眠れそうな夜を台無しにして、聴きたい音楽も見つからず、観たいテレビもユーチューブも見つからず、携帯電話を無心で弄るのも嫌になってくる。

私って変ですか?
ネット上でそんな確認を他人に繰り返す孤独感は変じゃない。
こういう事がありました。おかしいのは私なんでしょうか?
場合によっちゃ、そうだよお前が絶対におかしいって即断できるけど、本当に自分がおかしいのかわからない状況になったら、ってそういう類の冷静さは後から思い返すとやっぱり笑っちゃうくらいに当たり前に感じたりする。
こういう気持ちが徐々に風化していくなら、やっぱり今は深夜なんだって思う。
判断能力が鈍くなってる深夜だと。

朝が来たら朝が来たで朝がぼんやりして頭が回らない。
人生は夜の十二時から始まって、「一睡もできないまま」で翌日の十二時に終わる。
だから、徹夜明けの昼間なんて意識が朦朧としてるに決まってる。
今は徹夜明け前の夜明け前。
少し眠いけど意識ははっきりしてる時間。
せっかく時間があったのに勉強もできず、睡眠もとれず、創作もできず、後悔みたいな奴を首に巻き付けてる。

そして、そんなラブレターみたいな奴の返事が来てみたら、別にそんな悩むほどの内容じゃなくて肩透かしを食らった気分になる。
そんな感動のために生きてるのかと思うと、それが良いのか悪いのかすら判断できなくて、誰かに確認してみるけど、また返事が来なくなって、それを繰り返す。
大丈夫か、この思考回路。
承認欲求があるんだろうか。
なんという自分語り。
つまりこれはあれだ。自分の曲のプリプロを聴いてる時みたいな正常にこれが良いのか悪いのか判断できない感じだ。
プロはそこを判断できるんだろうけど、僕はできないね。

夜明け前だからしょうがない。
そうに決まってる。
今日の夜にはきっと呆けちゃってるんだ。


AM8:00